鍼灸治療について

■ 鍼灸治療とは?

02-5.png
鍼灸治療は即効性に優れているので、自然治癒力にアプローチする意味でも予防医学として効果的です。血液循環、気の流れを良くし、筋肉の緊張をゆるめ体のバランスを取ることで痛みの根本の治療をしていきます。
肩こり・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・膝や肘の痛みまで幅広く対応していますので、患者さんの症状や状態、またはり(鍼)に対しての感受性を考慮し優しい治療を行います。また、痛みがなくてもなんとなくだるい、眠りが浅いなどの症状にも鍼は有効です。当院では衛生面から全てディスポ鍼(使い捨ての鍼)を使用していますので感染の心配はありません。

■ 鍼灸治療の期待される効果

神経系全般
神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、うつ病、不眠、頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛など
運動器系全般
関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、ムチウチ、ギックリ腰、寝違い、五十肩、捻挫、腰痛、肩こりなど
消化器系
胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃下垂、慢性肝炎、便秘、下痢など
呼吸器系
気管支炎、鼻炎、咳、喘息、風邪など
循環器系
心臓神経症、動脈硬化症、高血圧症、低血圧症、動悸など
婦人科系
生理痛、生理不順、更年期障害、妊娠嘔吐、 不妊症など
その他
アレルギー(花粉症など)、円形脱毛症、めまい、冷え、虚弱体質、不眠症、膀胱炎、むくみ、肌荒れ、疲労、眼精疲労など

■ 鍼灸治療 料金表

鍼灸治療の各施術内容や料金はこちらをご覧ください。

■ なぜ鍼灸治療が良いのか?

02-6.png
鍼灸(しんきゅう)とは、身体の特定の部位に鍼や灸を用いて皮膚または経絡に刺激を与えることで、病気を治療する東洋医学の治療法のです。鍼灸治療は「病」を直接治療するのではなく、体調を改善(自律神経の安定・免疫の向上・血行の改善等)させることで自然治癒力を高め、体に本来備わっている自らの治癒力で「病」を治していく手助けをするものです。西洋医学を基本とする現代の医療は、薬や外科的措置を中心とした治療のため緊急の処置や対応に優れた効果を発揮するものの、慢性的な痛み、神経系の症状や免疫性の症状などは西洋医学では根治できないとされています。しかし、鍼灸をはじめとする東洋医学では、これら西洋医学が不得意とする症状の解決に有効な方法であると医学的にも認められており、薬を使用しない治療のため副作用などの心配がなく、妊娠中の方でも安心して治療が受けられる安全性の高い治療法なのです。